著書販売

礼儀正しく、豊富な知識をもち、なおかつ卓越した技術を有する、知識職人を育成しませんか?

職人を教え鍛え育てるしつけはこうしなさい!

阿久津一志著書 目次 1章 企業百年の計は職人育成にあり 2章 反発だらけの職人育成 理念を掲げて社風を変える 3章 これからの職人はこうあるべきだ 4章 職人育成は時間とお金、そして何より根気が必要 5章 職人は個人プレーよりもチームワーク 6章 卓越した技術が職人の強み 7章 職人に経営感覚を持たせる 8章 少数精鋭の強い会社を創る 内容紹介 “マナーが悪い”“社会人としての基本的なしつけが身についていない”…… 「職人の教育」にお困りの方へ贈る「職人育成」ノウハウ! 近年、さまざまな業界で“職人”といわれる人たちが激減している。これは、職人になりたいという人が減っていることとともに、現在職人として働いている人の高齢化による引退などの原因が挙げられる。 しかし、その本当の理由は、職人を育成しようと考えている会社や職人をしっかりと育成できる会社がほとんどないからである。職人を自前で育成するには、時間や費用がかかるため、自社で職人を育成しようという発想がないのである。 だからといって、どんなに世の中が不況で、なかなか利益が上がらない状態でも、職人育成に力を入れることをやめようと考えてはならない。それは、卓越した職人の技術を必要とするお客様がいるからである。 本書は、育成が難しいといわれる“職人”を教え・鍛えることで、一人前の職業人に育成していくためのポイントをわかりやすく解説する。 内容(「BOOK」データベースより) “マナーが悪い”“社会人としての基本的なしつけが身についていない”「職人の教育」にお困りではありませんか?職人教育・育成のためのノウハウをわかりやすく解説。 著者について 阿久津一志(あくつ かずし) 有限会社阿久津左官店代表取締役 一級左官技能士 1971年栃木県生まれ。 地元工業高校卒業後、ゼネコンに入社。橋梁や大型建築構造物の設計作図の仕事に携わる。退社後、父が経営する阿久津左官店に入社。 6年間左官職人になるための修業をし、一級左官技能士の資格を取得。 現場管理や営業、経理を担当した後、2000年に同社の代表取締役になる。 修業時代の体験から、技術だけに偏った職人ではなく、現場でマナー向上や材料や施工方法に関する知識、卓越した技術を兼ね備えた、それまでの職人の悪いイメージを払拭するような、バランスのとれた新しい職人育成に取り組む。 2005年、会社経営や職人育成の研究をするかたわら、地元大学に入学し、経営学を学ぶ。現在、左官職人の育成に力を入れながら、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科で会社経営および職人育成の研究を行なっている。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 阿久津 一志 有限会社阿久津左官店代表取締役 一級左官技能士。1971年栃木県生まれ 地元工業高校卒業後、ゼネコンに入社、橋梁や大型建築構造物の設計作図の仕事に携わる。退社後、父が経営する有限会社阿久津左官店に入社。 6年間左官職人になるための修業をし、一級左官技能士の資格を取得。 現場管理や営業、経理を担当した後、2000年に同社の代表取締役となる。 2005年、会社経営や職人育成の研究をするかたわら、地元大学に入学し経営学を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

1400円+税 全国の書店、Amazonで購入できます


サイン入り本をご希望の方は↓のご注文フォームから注文してください。
sain

サイン本ご注文フォーム

お名前 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

数量

メッセージ