ビジネスデザインプログラム

私が初めて会社の決算書を見たのが23歳の時、その時には決算書が示す数字の意味が全くわかりませんでした。 しかし、少しずつ経営の勉強を始め決算書の示す数字の意味が解り始めると倒産という2文字が頭の中をよぎり背筋が凍る思いがしました。 何が何でも無借金の会社にし、地域に誇れる会社にしたい!というビジョンが生まれ、実現のための経営計画を立て、職人を育成し(知識職人)我武者羅に取り組みました。すると赤字体質の会社が黒字体質の会社に変わっていきました。 会社のグランドデザインを思い描きスタートする経営プログラム 皆さんと一緒に夢を実現させていくために、阿久津一志が経験・勉強・研究から得た経営のノウハウを学べるセミナーやDVDの紹介です。

 

index04 index02 purifi-ru

 

bar2

ビジネスデザインプログラム(経営セミナー)のセミナー・講演の様子です。